Sho Tsugawa's Homepage: Publication

目次

Journal Papers

  1. Y. Kazawa, and S. Tsugawa, "Effectiveness of link-addition strategies for improving the robustness of both multiplex and interdependent networks," Physica A: Statistical Mechanics and its Applications, Vol.XX, No.X, pp.XX-XX, XX. 2019. doi: 10.1016/j.physa.2019.123586 PDF
  2. M. Otsuka, and S. Tsugawa, "Robustness of network attack strategies against node sampling and link errors," PLoS ONE 14(9): e0221885, Sep. 2019. doi: 10.1371/journal.pone.0221885
  3. S. Tsugawa, "Empirical analysis of the relation between community structure and cascading retweet diffusion," Proceedings of the Thirteenth International Conference on Web and Social Media (ICWSM 2019), Vol.13, No.1, pp. 493–504, Jun. 2019. PDF
  4. S. Tsugawa, "A survey of social network analysis techniques and their applications to socially aware networking," IEICE Transactions on Communications, Vol.E102-B, No.1, pp.17–39, Jan. 2019. doi: 10.1587/transcom.2017EBI0003 (invited survery paper)
  5. S. Tsugawa, and K. Kimura, "Identifying influencers from sampled social networks," Physica A: Statistical Mechanics and its Applications, Vol.507, No.1, pp.294-303, Oct. 2018. doi: 10.1016/j.physa.2018.05.105 PDF
  6. S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "On the relation between message sentiment and its virality on social media," Social Network Analysis and Mining, Vol.7, No.1, pp.19:1–19:14, Dec. 2017. PDF The final publication is available at Springer via 10.1007/s13278-017-0439-0
  7. S. Niida, S. Tsugawa, M. Suganuma, and N. Wakamiya, "A survey on modeling of human states in communication behavior," IEICE Transactions on Communications, Vol.E100-B, No.9, pp.1538-1546, Sep. 2017. doi: 10.1587/transcom.2016PFI0010 (invited survery paper)
  8. S. Tsugawa, and K. Kito, "Retweets as a predictor of relationships among users on social media," PLoS ONE 12(1): e0170279 19 pages, Jan. 2017. doi: 10.1371/journal.pone.0170279
  9. S. Tsugawa, Y. Matsumoto, and H. Ohsaki, "On the robustness of centrality measures against link weight quantization in social networks," Computational and Mathematical Organization Theory, Vol.21, No.3, pp.318–339, Sep. 2015, PDF The final publication is available at Springer via http://dx.doi.org/10.1007/s10588-015-9188-7
  10. S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "Community structure and interaction locality in social networks," Journal of Information Processing, Vol.23, No.4, pp.402-410, Jul. 2015., doi: 10.2197/ipsjjip.23.402 (invited paper)
  11. S. Tsugawa, H. Ohsaki, Y. Itoh, N. Ono, K. Kagawa, and K. Takashima, "Dynamic social network analysis with heterogeneous sensors in ambient environment," Social Networking, Vol.3, No.1, pp.9-18, Jan. 2014. doi: 10.4236/sn.2014.31002
  12. T. Yagi, J. Murayama, T. Hariu, S. Tsugawa, H. Ohsaki, and M. Murata, "Analysis of blacklist update frequency for countering malware attacks on websites," IEICE Transactions on Communications, Vol.E97-B, No.1, pp.76-86, Jan. 2014.
  13. S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "Effectiveness of link prediction for face-to-face behavioral networks," PLoS ONE 8(12):e81727, 14 pages, Dec. 2013. doi: 10.1371/journal.pone.0081727
  14. 藤田 和之, 高嶋 和毅, 伊藤 雄一, 大崎 博之, 小野 直亮, 香川 景一郎, 津川 翔, 中島 康祐, 林 勇介, 岸野 文郎, "Ambient Suite を用いたパーティ場面における部屋型会話支援システムの実装と評価," 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J96-D, No.1, pp.120-132, Jan. 2013 (in Japanese)
  15. S. Tsugawa, H. Ohsaki, and M. Imase, "Lightweight and distributed connectivity-based clustering derived from Schelling's model," IEICE Transactions on Communications, Vol.E95-B, No.8, pp.2549-2557, Aug. 2012.
  16. S. Tsugawa, H. Ohsaki, and M. Imase, "Estimating message importance using inferred inter-recipient trust for supporting email triage," Journal of Information Processing, Vol.20, No.3, pp.796-805, Jul. 2012.
  17. S. Tsugawa, H. Ohsaki, and M. Imase, "Inferring leadership of online development community using topological structure of its social network," Journal of the Infosocionomics Society, Vol.7, No.1, pp.17-27, May 2012.

Book Chapter

  1. S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "Robustness of influence maximization against non-adversarial perturbations," In: Kaya M., Alhajj R. (eds) Influence and Behavior Analysis in Social Networks and Social Media. ASONAM 2018. Lecture Notes in Social Networks. Springer, Cham, pp 193–210, Dec. 2018.

International Conference Papers

  1. N. Tsuda, and S. Tsugawa, "Effects of truss structure of social network on information diffusion among Twitter users," in Proceedinngs of the 11-th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2019), pp.306–315, Sep. 2019.
  2. S. Tsugawa, and S. Niida, "The impact of social network structure on the growth and survival of online communities," in Proceedings of the Workshop on Social Network Analysis Surveillance Technologies (SNAST 2019) in conjunction with ASONAM'19, pp. 1112–1119, Aug. 2019. doi: 10.1145/3341161.3343526, PDF
  3. M. Uehara, and S. Tsugawa, "Analysis of the evolution of the influence of central nodes in a Twitter social network," in Proceedings of the 43rd Annual IEEE International Computers, Software, and Applications Conference (Student Research Symposium) (COMPSAC 2019), pp.892–895, Jul. 2019.
  4. Y. Kazawa, and S. Tsugawa, "Proposal of strategic link addition for improving the robustness of multiplex networks," in Proceedings of the 9th International Conference on Complex Networks (CompleNet 2018), pp.75–84, Mar. 2018. (short paper)
  5. S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "On the robustness of influence maximization algorithms against non-adversarial perturbations," in Proceedings of the 2017 IEEE/ACM International Conference on Advances in Social Networks Analysis and Mining (ASONAM 2017), pp. 91–94, Aug. 2017. (short paper)
  6. Y. Kazawa, and S. Tsugawa, "On the effectiveness of link addition for improving robustness of multiplex networks against layer node-based attack," in Proceedings of the 41st Annual IEEE International Computers, Software, and Applications Conference (Student Research Symposium) (COMPSAC 2017), pp.697–700, Jul. 2017.
  7. S. Mihara, S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "On the effectiveness of random jumps in an influence maximization algorithm for unknown graphs," in Proceedings of the 31st International Conference on Information Networking (ICOIN 2017), pp. 395–400, Jan. 2017.
  8. K. Kimura, and S. Tsugawa, "Estimating influence of social media users from sampled social networks," in Proceedings of the Workshop on Social Influence (SI 2016) in conjunction with ASONAM'16, pp. 1302–1308, Aug. 2016. doi: 10.1109/ASONAM.2016.7752405, PDF
  9. Y. Kazawa, and S. Tsugawa, "Robustness of networks with skewed degree distributions under strategic node protection," in Proceedings of the 4th IEEE International Workshop on Architecture, Design, Deployment and Management of Networks and Applications (ADMNET 2016) in conjunction with COMPSAC'16, pp. 14–19, Jun. 2016. doi: 10.1109/COMPSAC.2016.181, PDF
  10. S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "Negative messages spread rapidly and widely on social media," in Proceedings of the 3rd ACM Conference on Online Social Networks (COSN 2015), pp. 151–160, Nov. 2015. doi: 10.1145/2817946.2817962, PDF
  11. S. Mihara, S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "Influence maximization problem for unknown social networks," in Proceedings of the 1st International Workshop on Dynamics in Networks (DyNo 2015) in conjunction with ASONAM'15, pp. 1539–1546, Aug. 2015. doi: 10.1145/2808797.2808885, PDF
  12. S. Tsugawa, Y. Kikuchi, F. Kishino, K. Nakajima, Y. Itoh, and H. Ohsaki, "Recognizing depression from Twitter activity," in Proceedings of the 33rd Annual ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI 2015), pp. 3187-3196, Apr. 2015. doi: 10.1145/2702123.2702280, PDF
  13. S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "Analysis of the robustness of degree centrality against random errors in graphs," in Proceedings of the 6th Workshop on Complex Networks (CompleNet 2015), pp. 25-36, Mar. 2015. doi: 10.1007/978-3-319-16112-9_3, PDF The original publication is available at http://link.springer.com/chapter/10.1007%2F978-3-319-16112-9_3
  14. S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "Emergence of fractals in social networks: Analysis of community structure and interaction locality," in Proceedings of the 38th Annual IEEE International Computers, Software, and Applications Conference (COMPSAC 2014), pp. 568-575, Jul. 2014. doi: 10.1109/COMPSAC.2014.80, PDF
  15. S. Tsugawa, Y. Mogi, Y. Kikuchi, F. Kishino, K. Fujita, Y. Itoh, and H. Ohsaki, "On estimating depressive tendency of Twitter users utilizing their tweet data," in Proceedings of the 2nd International Workshop on Ambient Information Technologies (AMBIT 2013), pp. 29-32, Mar. 2013.
  16. M. Ishino, S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "On the robustness of centrality measures against link weight quantization in real weighted social networks," in Proceedings of the 2nd International Workshop on Ambient Information Technologies (AMBIT 2013), pp. 25-28, Mar. 2013.
  17. S. Tsugawa, Y. Matsumoto, H. Ohsaki and M. Imase, "Robustness of centrality measures against noises in link weights in social network analysis," in Proceedings of the 9th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2012), 1 page, Nov. 2012. (short paper)
  18. S. Tsugawa, H. Ohsaki and M. Imase, "Effectiveness of link prediction techniques for face-to-face behavioral networks," in Proceedings of the 2012 Japan-Ireland Workshop on Intelligence and Networks (JIWIN 2012), pp.98-107, Sep. 2012.
  19. Y. Matsumoto, S. Tsugawa, H. Ohsaki, and M. Imase, "Robustness of centrality measures against link weight quantization in social network analysis," in Proceedings of the 4th Annual Workshop on Simplifying Complex Networks for Practitioners (SIMPLEX 2012), pp. 49-54, Apr. 2012.
  20. S. Tsugawa, H. Ohsaki, and M. Imase, "Lightweight distributed method for connectivity-based clustering based on Schelling's model," in Proceedings of the Second International Workshop on Complex Information Flows (CIF 2012), pp.1137-1142, Mar. 2012.
  21. K. Fujita, Y. Itoh, H. Ohsaki, N. Ono, K. Kagawa, K. Takashima, S. Tsugawa, K. Nakajima, Y. Hayashi, and F. Kishino, "Ambient Suite: Room-shaped information environment for interpersonal communication," in Proceedings of the 1st International Workshop on Ambient Information Technologies (AMBIT 2012), pp. 18-21, Mar. 2012.
  22. S. Tsugawa, H. Ohsaki, Y. Itoh, N. Ono, K. Kagawa, K. Takashima, and M. Imase, "Toward large-scale and dynamic social network analysis with heterogeneous sensors in ambient environment," in Proceedings of the 1st International Workshop on Ambient Information Technologies (AMBIT 2012), pp. 32-33, Mar. 2012. (poster)
  23. S. Tsugawa, H. Ohsaki, Y. Itoh, N. Ono, K. Kagawa, K. Takashima, and M. Imase, "Quasi-realtime social network construction with heterogeneous sensors in ambient environment," in Proceedings of the 8th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2011), pp. 75:1-75:2, Nov. 2011. (poster)
  24. K. Fujita, Y. Itoh, H. Ohsaki, N. Ono, K. Kagawa, K. Takashima, S. Tsugawa, K. Nakajima, Y. Hayashi, and F. Kishino, "Ambient Suite: Enhancing communication among multiple participants," in Proceedings of the 8th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2011), pp. 25:1-25:8, Nov. 2011.
  25. S. Tsugawa, K. Takahashi, H. Ohsaki and M. Imase, "Robust estimation of message importance using inferred inter-recipient trust for supporting email triage," in Proceedings of the 10th Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2010), pp. 177-180, Jul. 2010.
  26. S. Tsugawa, H. Ohsaki and M. Imase, "Inferring success of online development communities: Application of graph entropy for quantifying leaders' involvement," in Proceedings of the 8th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2010), 6 pages, Jun. 2010.

International Conference Abstracts

  1. Y. Wakisaka, K. Yamashita, S. Tsugawa, and H. Ohsaki, "A Study on the Effectiveness of Random Node Sampling in Influence Maximization on Complex Networks," in The 14th International Conference on Future Internet Technologies (CFI), Aug., 2019. (Poster)

Invited Talks (in Japanese)

  1. 津川 翔, "ソーシャルネットワーク分析手法とソーシャルアウェアネットワーク技術の研究動向," 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2019-10), pp.55–60, Apr. 2019. (招待講演)
  2. 津川 翔, "通信行動データを利用したコミュニティ計測に関する研究の動向," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-103), pp.61–66, Jan. 2016. (招待講演) , PDF

Domestic Workshop (in Japanese)

  1. 脇坂 悠生, 山下 量之, 津川 翔, 大崎 博之, "グラフ上の影響伝搬におけるランダムサンプリングの効率性に関する一検討," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-XX-XX), p.XXX Sep. 2019.
  2. 永瀬 拓也, 津川 翔, "データに基づく影響最大化アルゴリズムのTwitterデータを用いた評価," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-XX-XX), p.XXX Sep. 2019.
  3. 尾上 洋一, 津川 翔, "攻撃戦略の予測がリンク付加によるネットワークのロバスト性向上に与える効果の分析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2019-25), pp.67–72, May 2019.
  4. 尾上 洋一, 津川 翔, "攻撃戦略予測に基づくリンク付加によるネットワークのロバスト性向上効果に関する一考察," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-11-18), p.XXX Mar. 2019.
  5. 津川 翔, 大崎 博之, "不完全なネットワークにおける最小p-メジアン問題 — 定式化と実験的評価 —," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2018-85), pp.53–58, Jan. 2019.
  6. 津川 翔, 大崎 博之, "未知のネットワークの最小 p-メジアン問題に関する一考察," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-11), p.XXX Sep. 2018.
  7. 津田 奈子, 津川 翔, "ソーシャルネットワークのトラス構造がネットワーク上の情報拡散に与える影響," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2018-59), pp.77–82, Aug. 2018.
  8. 大塚 桃子, 津川 翔, "不完全なネットワークの情報に基づく免疫付与戦略の有効性の評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2018-45), pp.71–86, Jul. 2018.
  9. 上原 みなみ, 津川 翔, "ソーシャルメディアにおける中心的ユーザの影響力変化の分析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2018-44), pp.75–80, Jul. 2018.
  10. 津川 翔, "ソーシャルネットワークのコミュニティ構造がソーシャルメディア上の投稿の拡散規模に与える影響の分析," 人工知能学会全国大会論文集, pp.2C2-04:1–2C2-04:4, Jun. 2018.
  11. 山口 太一, 角田 孝昭, 吉田 光男, 津川 翔, 山本幹雄 "自動車購入における検索行動の先行期間を考慮した販売台数の予測," 情報処理学会全国大会論文集, pp.–, Mar. 2018.
  12. 竹村 隼平, 津川 翔, "ソーシャルネットワークにおける影響力推定手法の有効性と手法間の関係の分析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2017-88), pp.17–22, Jan. 2018.
  13. 賀沢 唯, 津川 翔, "レイヤーノードの次数および層間次数差に基づくリンク付加による多重ネットワークのロバスト性向上効果の検証," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2017-83), pp.73–78, Nov. 2017.
  14. 津川 翔, "ソーシャルメディアにおける情報拡散とコミュニティ構造の関係の分析," 第 12 回通信行動工学研究会予稿集, pp.–, Sep. 2017.
  15. 大塚 桃子, 津川 翔, "ノード削除によるネットワーク上のウイルス拡散抑制効果に関する一考察," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-6), p.XXX Sep. 2017.
  16. 賀沢 唯, 津川 翔, "多重ネットワークへの戦略的リンク付加によるレイヤーノードベース攻撃に対するロバスト性向上効果の検証," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2017-34), pp.31–36, jul. 2017.
  17. 津川 翔, 大崎 博之, "影響伝搬確率の誤差に対する影響最大化アルゴリズムのロバスト性評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2017-11), pp.53–58, Apr. 2017.
  18. 松田 崇弘, 岡本 淳, 久保 亮吾, 津川 翔, 平栗 健史, "CQ研専のアクティビティから見る将来のネットワーク像 – 通信品質評価・計測・制御の統合に向けて –," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (BI-6-7), pp.SS-92–93 Mar. 2017.
  19. 津川 翔, "ソーシャルメディアにおけるユーザのコミュニティを用いた投稿の拡散規模予測に関する一検討," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-11-20), p.333 Mar. 2017.
  20. 津川 翔, "ソーシャルメディアにおける情報拡散と重複コミュニティ構造の関係の分析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2016-99), pp.53–58, Jan. 2017.
  21. 辻 慎平, 津川 翔, "ネットワークにおけるトラフィックパターンの偏りとノードの耐久度の割当方法がカスケード故障に与える影響の分析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2016-98), pp.47–52, Jan. 2017.
  22. 辻 慎平, 津川 翔, "ネットワークにおけるトラフィックパターンの偏りがカスケード故障に与える影響に関する一考察," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-14), p.269 Sep. 2016.
  23. 賀沢 唯, 津川 翔, "選択的ノード保護下におけるネットワークのロバスト性の重回帰分析によるモデル化," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-13), p.268 Sep. 2016.
  24. 福本 淳一, 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "ネットワークにおけるウィルス拡散とカスケード故障の相互作用に関する一考察," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-15), p.270 Sep. 2016.
  25. 津川 翔, "Twitterにおける情報拡散とコミュニティ構造の関係に関する一考察," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2016-54), pp.33–38, Aug. 2016.
  26. 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "未知のグラフに対する影響最大化アルゴリズムにおけるランダムジャンプの効果," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2016-3), pp.13–18, Apr. 2016.
  27. 賀沢 唯, 津川 翔, "選択的ノード保護下における偏った次数分布を持つネットワークのロバスト性評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2016-2), pp.7–12, Apr. 2016.
  28. 山口 太一, 角田 孝昭, 津川 翔, 山本 幹雄, "検索行動量を用いた自動車販売台数予測に必要な学習期間の長さについての分析," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (D-4-8), p.XX, Mar. 2016.
  29. 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "未知のグラフに対する影響最大化アルゴリズムにおけるランダムジャンプの効果に関する一検討," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-11-24), p.XX, Mar. 2016.
  30. 賀沢 唯, 津川 翔, 山本 幹雄, "選択的ノード保護によるネットワークのロバスト性向上効果に関する一考察," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-11-11), p.XX, Mar. 2016.
  31. 植野 皓夫, 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "影響伝搬確率の誤差に対する影響最大化アルゴリズムのロバスト性に関する一考察," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-126), pp.107–112, Mar. 2016.
  32. 木邑 和馬, 津川 翔, 山本 幹雄, "サンプリングされたソーシャルネットワークからのユーザの影響力推定," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-97), pp.25–30, Jan. 2016.
  33. 津川 翔, 木藤 紘介, 山本 幹雄, "ソーシャルネットワークのトポロジ構造と情報フローを用いたリンク予測," 通信行動工学時限研専 第 9 回研究会予稿集, pp.1–5, Jan. 2016.
  34. 植野 皓夫, 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "影響伝搬確率のゆらぎが影響最大化アルゴリズムに与える影響に関する一考察," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-16-4), p.329, Sep. 2015.
  35. 津川 翔, 大崎 博之, "ソーシャルメディアにおける投稿の感情がその拡散力に与える影響," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-46), pp.37–42, Sep. 2015.
  36. 角田 孝昭, 吉田 光男, 津川 翔, 山本 幹雄, "状態空間モデルを用いた検索トレンドとページビューからの自動車販売台数の予測," 人工知能学会全国大会論文集, pp.3C-3:1–3C-3:4, Jun. 2015.
  37. 木邑 和馬, 津川 翔, 山本 幹雄, "Twitter におけるソーシャルネットワークの不完全性がユーザの影響力推定に与える影響の分析," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (BS-8-11), pp.S174–S175, Mar. 2015.
  38. 森 久幸, 津川 翔, 大崎 博之, "ソーシャルメディアにおける投稿の感情がその拡散力に与える影響の分析," 通信行動工学時限研専 第 8 回研究会予稿集, pp.22–29, Mar. 2015.
  39. 津川 翔, 大崎 博之, "ネットワーク分析における中心性指標のロバスト性に関する一考察," 第 57 回自動制御連合講演会予稿集, pp.1072–1077, Nov. 2014.
  40. 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "未知のグラフに対する影響最大化アルゴリズムの提案と評価," 通信行動工学時限研専 第 7 回研究会予稿集, pp.23-28, Oct. 2014.
  41. 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "未知のグラフに対する影響最大化アルゴリズムの提案," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-37), p.268, Sep. 2014.
  42. 森 久幸, 津川 翔, 大崎 博之, "ソーシャルメディアにおける投稿のセンチメントがその拡散範囲に与える影響の分析," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-38), p.269, Sep. 2014.
  43. 中島 光夫, 津川 翔, 山本 幹雄, "トピックモデルを用いたソーシャルメディアからの市場シェア予測," 第 13 回情報科学技術フォーラム (FIT 2014) 予稿集 第 2 分冊, pp. 221-222, Sep. 2014.
  44. 津川 翔, 大崎 博之, "グラフにおけるランダム誤りに対する次数中心性のロバスト性解析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2014-18), pp.19-24, Jul. 2014.
  45. 菊地 佑介, 津川 翔, 岸野 文郎, 中島 康祐, 伊藤 雄一, 大崎 博之, "Twitter におけるユーザの単語使用頻度を用いたうつ傾向の推定," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (A-14-2), p.168, Mar. 2014.
  46. 石野 正典, 津川 翔, 大崎 博之, 長谷川 亨, "グラフエントロピーによる中心性指標のロバスト性推定 –ノードの中心性指標のノイズに対する順位不変性の推定–," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2013-101), pp. 71-76, Mar. 2014.
  47. 菊地 佑介, 津川 翔, 岸野 文郎, 中島 康祐, 伊藤 雄一, 大崎 博之, "ココロスコア:Twitter 解析によるココロの状態推測," 通信行動工学時限研専 第五回研究会予稿集, pp.17-24, Nov. 2013.
  48. 津川 翔, 大崎 博之, "ソーシャルネットワークにおけるコミュニティ内交流局所性の分析," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2013-62), pp. 61-66, Nov. 2013.
  49. 津川 翔, 大崎 博之, "リンク重みの誤差に対する中心性指標のロバスト性解析," 第2回 NetSci/CCS 研究会 合同ワークショップ, 6 pages, Aug. 2013.
  50. 茂木 佑希子, 津川 翔, 菊地 佑介, 岸野 文郎, 藤田 和之, 伊藤 雄一, 大崎 博之, "Twitter 解析によるうつ傾向推定に関する一検討," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (A-14-6), p.187, Mar. 2013.
  51. 津川 翔, 茂木 佑希子, 菊地 佑介, 岸野 文郎, 藤田 和之, 伊藤 雄一, 大崎 博之, "大規模ツイートデータを利用したうつ傾向の推定に関する検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (HCS2012-89), pp.61-66, Mar. 2013.
  52. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "対面での交流関係を表現したソーシャルネットワークにおけるリンク予測手法の評価," 通信行動工学時限研専 第三回研究会予稿集, pp.20-28, Oct. 2012.
  53. 石野 正典, 津川 翔, 大崎 博之, "現実のソーシャルネットワークにおけるリンク重みの量子化がノードの中心性指標に与える影響," 通信行動工学時限研専 第三回研究会予稿集, pp.10-19, Oct. 2012.
  54. 石野 正典, 津川 翔, 大崎 博之, "現実のソーシャルネットワークにおいてリンク重みの量子化がノードの中心性指標に与える影響の分析," 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-8), p.282, Sep. 2012.
  55. 津川 翔, 大崎 博之, 伊藤 雄一, 小野 直亮, 香川 景一 郎, 高嶋 和毅, 今瀬 真, "アンビエント環境における異種センサを用いた動的ソーシャルネットワーク分析," 通信行動工学時限研専 第二回研究会予稿集, pp. 17-22, Mar. 2012.
  56. 松本 幸大, 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワーク分析においてリンク重みの量子化がノードの中心性指標に与える影響," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2011-120), pp. 23-28, Jan. 2012.
  57. 津川 翔, 重森 圭太, 大崎 博之, 今瀬 真, "A study on lightweight distributed method for connectivity-based clustering," 第 9 回 QoS ワークショップ予稿集 (QW-9-P-10), Nov. 2011.
  58. 津川 翔, 重森 圭太, 大崎 博之, 今瀬 真, "シェリングモデルに基づく軽量な分散クラスタリング手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2011-103), pp. 61-66, Nov. 2011.
  59. 藤田 和之, 高嶋 和毅, 伊藤 雄一, 大崎 博之, 小野 直亮, 香川 景一郎, 津川 翔, 中島 康祐, 林 勇介, 岸野 文郎, "Ambient Suite: 部屋型情報空間を用いた対人コミュニケーション支援," ヒューマンインタフェースシンポジウム2011, pp.395-400, Sep. 2011.
  60. 松本 幸大, 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワークにおけるリンク重みの有無がノードの中心性指標に与える影響に関する一考察," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-58), p. 222, Mar. 2011.
  61. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワークのトポロジ構造を用いた開発型オンラインコミュニティのリーダシップ推定手法の提案," 第 7 回ネットワーク生態学シンポジウム, pp. 203-204, Mar. 2011.
  62. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワークのトポロジ構造を用いた開発型オ ンラインコミュニティのリーダシップ推定手法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2010-100), pp. 19-24, Dec. 2010.
  63. 塚本 圭一郎, 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, 桑原 健, 村 山 純一, "Web ページのブロック間類似度を用いたハイパーリンクの参照箇所推定手法," 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (D-13-4), p. 245, Mar. 2009.
  64. 津川 翔, 杉山 浩平, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワークのトポロジ構造を用いた開発型オンラインコミュニティの成功度推定手法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2008-61), pp. 105-110, Sep. 2008.

Patents

  1. 今瀬 真, 大崎 博之, 小泉 佑揮, 津川 翔, 村山 純一, 波戸 邦夫, "情報推薦装置、情報推薦方法及び情報推薦プログラム.", 登録番号:特許第5499333号 (登録日:平成26年3月20日).
  2. 胡 博, 村山 純一, 波戸 邦夫, 近藤 毅, 首藤 裕一, 今瀬 真, 大崎 博之, 小泉 佑揮, 津川 翔, "非通常通信検知装置および非通常通信検知方法." 出願番号 特願2012-179282 (出願日 2012年8月13日), 公開番号 特開2014-38405 (公開日2014年2月27日).

Presentations in Domestic Workshops

  1. 春田 淳志, 小倉 和也, 津川 翔, "保健医療福祉職の情報共有目的で活用されているオンライン掲示板の社会ネットワーク分析," 第12回日本保健医療福祉連携教育学会, Sep. 2019.
  2. 吉田 光男, 角田 孝昭, 山本 幹雄, 荒瀬 由紀, 津川 翔, "トレンドと検索頻度とWikipediaページビューの三角関係," インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング 第 10 回研究会, Jul. 2015. (招待講演)
  3. 三原 正大, 津川 翔, 大崎 博之, "未知のグラフに対する影響最大化アルゴリズムの提案と評価," 第 37 回インターネット技術第 163 委員会研究会, May 2015.
  4. 津川 翔, 茂木 佑希子, 菊地 佑介, 岸野 文郎, 藤田 和之, 伊藤 雄一, 大崎 博之, "Twitter におけるユーザの活動履歴を利用したうつ傾向の推定に関する一検討," 第 33 回インターネット技術第 163 委員会研究会, May 2013.
  5. 津川 翔, 大崎 博之, 伊藤 雄一, 小野 直亮, 香川 景一郎, 高嶋 和毅, 今瀬 真, "アンビエント環境における異種センサを利用した動的ソーシャルネットワーク分析," 第 32 回インターネット技術第 163 委員会研究会, Nov. 2012.
  6. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "対面での交流関係を表現したソーシャルネットワークにおけるリンク予測手法の有効性に関する一考察," 第 32 回インターネット技術第 163 委員会研究会, Nov. 2012.
  7. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "シェリングモデルに着想を得た軽量な分散クラスタリング手法," 第 31 回インターネット技術第 163 委員会研究会, May 2012.
  8. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワークを用いた電子メールの重要度推定に関する一検討," 第 29 回インターネット技術第 163 委員会研究会, May 2011.
  9. 津川 翔, 大崎 博之, 今瀬 真, "ソーシャルネットワーク分析による開発型オンラインコミュニティの成功度推定手法," 第 26 回インターネット技術第 163 委員会研究会, Nov. 2009.

Thesis

  1. S. Tsugawa, “Designing Advanced Network Services Utilizing Social Networks in Large-Scale Online Communities,” Ph.D thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, Feb. 2012.
  2. S. Tsugawa, “Estimating Success of an Online Development Community from its Social Network,” Master’s thesis, Graduate School of Infromation Science and Technology, Osaka University, Feb. 2009.

日付: 2020-02-21T10:29+0900

著者: Sho Tsugawa

Org version 7.9.3f with Emacs version 24

Validate XHTML 1.0